育毛

 

 

育毛 

 

「ハゲてたっていいじゃん」

とある日曜の昼下がり.....。

「こんにちわ。」
ご隠居:誰だい?
タカシ:お久し振り、元気でした?
ご隠居:おお、誰かなと思えばタカシか。長らく顔を見なんだな。
タカシ:ええ、色々忙しくて。たまたま良いお酒が手に入った時にふとご隠居を思い出して、随分顔を出して
    なかったなあとお伺いしたんです。
ご隠居:う~ん、ところでお前さんだいぶ頭の方が薄くなったんじゃないか?
タカシ:どうも親父に似たようで。あれこれ試してみたんですがさっぱり効果がなくてこの有様ですよ。何だか
    お金と時間を浪費したようで、どうにも気落ちしちゃって。
ご隠居:まあそう気に病みなさんな。別に禿げてたってどうってことないじゃろ。.....うん、ちょっと待てよ。
    これも縁というのか奇遇じゃな。お前さん「ペルソナ」ってたっけな、聞いたことあるかい?
タカシ:スペイン語っぽくも聞こえますけど何なんですか、それは?
ご隠居:育毛剤とかゆうやつらしいけどな。隣町の知り合いの息子が、以前はお前さんと同じだったのが10日
    程前に会ったら髪の毛がふさふさでな。「何だい、かつら被ってんのかい?」と言ってやったら「違い
    ますよ!自毛が生えたんですよ!」とか言ってな、 遺伝子とかを調べて自分に合った育毛剤を作って
    もらったらしいぞ。 何だか「画期的」とか「セミオーダーできる育毛剤があったなんて」とかえらく
    嬉しそうだったな。
タカシ:それってホントですか?! 是非詳しく聞いてみたいですね。本当ならすごいな、今日お会いできませ
    んかね。
ご隠居:そうさな、隣町ってったって歩いて5分くらいだから散歩がてら行ってみるか。

と早速出掛けて行ったた2人でした。(※登場人物は架空です。)

 

● 発毛と育毛はどう違う?

 

  「発毛」と「育毛」、よく聞きますがいまいち違いが解らないと思う方も多いと思います。字を見れば何と
なく解るような感じもしますが、植物(花)に例えれば、「発毛」は土の中に種はあるが芽も何も出ていない
状態から発芽させて育てること、「育毛」は芽が出ていたり茎は少し伸びているがそこで止まっている状態か
ら育てること、と言えば良いでしょうか。「発毛」の場合、毛母細胞を活性化させて毛根から再び髪を成長さ
せます。「育毛」は頭皮環境を整え、脱毛を予防し毛髪を成長させます。

 

● AGA(エージーエー)とは

 

 毛髪の悩みを抱えている人にとって一般的になってきたAGA(エージーエー)、Androgenetic Alopeciaの略
で「男性型脱毛症」という意味です。成人男性にみられる髪が薄くなる状態で、思春期以降に頭頂部や額の生え
際が、どちらか一方、または双方が薄くなっていきます。薄毛の殆どの原因と言われています。

 主な原因は遺伝や男性ホルモンの影響ですが、AGA(エージーエー)は進行性のため、放っておくと髪の毛が
減り続けうす毛が目立つようになります。治療にはミノキシジルやプロペシアが使用されることが多く、以下
に簡単に説明します。

【ミノキシジル】もともと米国で開発された経口血圧降下剤です。副作用として全身の多毛症(Hypertrichosis)
を引き起こすことが発見されたため、発毛剤として利用されるようになりました。もともとが血圧降下剤ですの
で、使用後に低血圧の症状が現れたりすることがあります。用法・用量を守って使うようにしましょう。

【プロペシア】プロペシアは飲み薬として日本でも認可されている医薬品です。米国で医薬品としての認可を受
けて、AGA治療薬として発売されました。有効成分のフィナステリドと同じ物として扱われる場合がありますが
、フィナステリドはもともと前立腺肥大の薬で、ミノキシジルと同様副作用として発毛効果が認められたため、
プロペシアとして製品化されました。 医薬品ですので、医師の処方箋が必要です。

 プロペシア、ミノキシジル共に、誰にでも有効ではなく(一説によると約50%の人に効果有り)男性機能不全
等の副作用を引き起こす恐れがあります。

 

画期的!な育毛剤誕生~Persona(ペルソナ)~あなたの遺伝子が導く、あなたのための育毛剤

ペルソナ商品画像

 

 日本国内で薄毛に悩んでいる男性は約1,200万人(日本医事新報薄毛意識調査アンケート、及び人口統計に
よる推定)、つまり5人に1人が悩んでいるといえます。そして問題は、一向に悩む人の数が減るのが見られな
いところです。

 そこで《株式会社 ダブルへリックス》は考えました。「薄毛・抜け毛の原因は人によって異なり、薄毛だけ
でなく、髪のツヤ、キューティクル、クセ毛など、髪の毛には遺伝的傾向もあるため、人によって異なる体質、
異なる遺伝的特徴に対して、同一の育毛剤で誰にでも効果をもたらすことは難しいのでは無いか?一人一人に
合った育毛剤を作れないか?」。

 その答えが「遺伝子検査で遺伝子的特徴を読み、その人の課題に適合した育毛剤をお届けする、Persona
(ペルソナ)」薄毛に悩む方は勿論、効果がないからと次から次へと色々な育毛剤を試しては辞めを繰り返し
ている人、育毛剤を試し尽くして効果が見られないと諦めてしまっている人、薬を使わずAGA(男性型脱毛症)
を改善したい人に是非おすすめします。

 

 詳しくはコチラ →

● Persona(ペルソナ)の特徴

① ・アンドロゲン受容体  男性ホルモン由来の薄毛かどうかを検査します。
  ・毛髪の強さ  毛髪の細さに関連する薄毛かどうかを検査します。
  ・頭皮トラブル  頭皮トラブルによる薄毛かどうかを検査します。
遺伝子検査でこの3つの特徴を調べます。遺伝子の情報は変化しないと考えられており、一度検査を受ければ、
再検査の必要はないと言われています。

 SNP(スニップ)検査と言う遺伝子検査を行います。DNAの情報を読み取り、ヘアサイクル、髪の太さ、頭皮
の強さ、アンドロゲンレセプター受容性(男性ホルモンの受けやすさ)について、体質などの遺伝的傾向を知
ることができます。そこから、あなたの遺伝レベルの強さを測定し、あなたに最も適した育毛剤をお届けする
ことができます。

【SNP(スニップ)とは】
 個人間の遺伝情報のわずかな違いのことで、一塩基多型とも言います。ヒトが保有する約30億の塩基対の配
列には人種や個人間で異なる部分があり、1つの塩基だけが別の塩基に置き換わっているものをSNPといいま
す。SNPは30億の塩基対の中に約1000万カ所、このうち遺伝子領域には約100万カ所存在すると考えられており
、遺伝子領域にあるSNPの中には、体内で作られる酵素やタンパク質の量、発現の時期、機能などに違いを生
み出すものがあります。 この違いが、体質の違いや、ある特定の病気へのかかりやすさ、薬剤効果への反応
性(薬の効きやすさや副作用の出方)などの個人差を生み出す要因になっているとされ、SNPから病気の遺伝
的背景を調べたり、原因遺伝子が特定されている病気については将来の危険率を予測したりすることで、より
個人に合った治療や投薬(オーダーメード医療)が展開できると考えられています。

② 遺伝子検査によるリスク判定と育毛剤の選定をし、14種類から28種類の天然由来成分(すべての育毛剤に
おいて様々な状態に効果のある成分)を配合、そしてあなたの状態に適した形態(リキッド、ミスト、ジェル
)で遺伝子検査からリスクの大きい状態に強みを持った成分を配合しあなたに適した育毛剤を提供します。い
わば、「セミオーダーできる育毛剤」です。

 また、防腐剤、着色料、香料など7種類の「添加物」を使用していません。防腐剤などの添加物は長い間で
少しずつ頭皮やからだに蓄積され、頭皮のストレスになり、育毛成分が入るのを阻害したり、細胞を老化させ
る原因になってしまうと考えられるからです。

③ 安心して育毛剤を使用して頂けるよう、GMPガイドラインを遵守した工場で製造されています。GMPとは「
Good ManufacturingPractice」の略で、製造所における製造管理、品質管理の基準のことです。原材料の入荷
から製造、 最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれ
るよう定められております。

● 育毛革命!

 科学や技術は進歩しているのに.....なぜこんなにも薄毛に悩む人は減らないのか、それは本当に自分にあった
効果のあらわれるものを使っていないから。効果のないものを使い続けても、お金や時間の浪費になるだけで済
まず、合わないものは状態を悪化させたり、ストレスの原因にもなり得ます。

 遺伝子検査は、今や電車内の広告で見かけるほど身近なものになってきました。が、数年前とくらべて広まっ
てきたとはいえ、まだまだ高額な費用がかかります。

 では、なぜこのような価格で遺伝子検査と育毛剤をセットで提供しているのか、それは、数多ある育毛剤の調
子の良い広告表現に振り回されて欲しくないから。盲目的に育毛剤を選ぶことから卒業し、最もふさわしい育毛
剤と出会ってほしいという思いから特別価格で遺伝子検査付き育毛剤の提供となります。

 薄毛や抜け毛を改善するボリュームを出すには、ヘアサイクルの移行(休止期から成長期へ)、毛母細胞の分
裂、毛髪の成長まで一連のプロセスに6ケ月程度必要です。早い方ですと1ヶ月以内で効果を実感されます。女性
向け育毛剤と男性向け育毛剤は、アプローチが大きく異なることが多いですが、女性向け育毛剤で効果が見られ
ない女性の方も、是非Persona(ペルソナ)を試してみて下さい。

       
 詳しくはコチラ →
       

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

● 最後に

 頭皮・育毛剤のトラブルは、今使っているものが原因かも知れません。育毛剤には刺激の強いものが多いのが
現状で、ただれ、赤み、乾燥、かゆみ、炎症などを起こす場合があります。この様な症状が出た場合は、直ぐに
使用を中止して医師に相談しましょう。

注1):誰に対しても、効果・効能を保証するものではありません。
注2):「ハゲ(禿げ、はげ)」と「薄毛」は、人によって使い方が曖昧であったりきちんと使い分けされたり
    とまちまちの様です。

 

▲ HOMEへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2017 これはおススメ